事業概要

事業のあらまし

pic_mame.jpg

当協会は、本県における農業振興に関する基本的な方向に即して、果実・野菜・菌茸及び花き(以下「青果物」という。)の安定生産と販売を推進するため、青果物の著しい価格の低落があった場合に、その生産者に対する補償金等の交付をする事業並びにあらかじめ締結した契約に基づきその確保を要する場合における交付金等の交付をする事業及び青果物の安定的な生産出荷の推進と需要の拡大等を図るための事業を行っております。

生産者のみなさんへ・・制度パンフ(PDF)   

価格安定対策事業

青果物価格安定制度の仕組み

青果物の価格の著しい低落により、青果物の再生産が阻害されることがないように、生産者から負担金を預かり一定の水準以下に価格が低落したときに補償金等の交付を行い、生産者への影響を緩和するものです。

  1. 県単事業
  2. 特定野菜事業
  3. 指定野菜事業
  4. 加工果実事業

図解で見る 

これまでの交付額の推移(PDF)

契約価格安定制度の仕組み

加工業者、外食業者、量販店等の求める定時・定量・定質・定価といった条件に適合した野菜の契約取引を推進するため、生産者等から負担金を預かり一定のタイプ※に該当した場合に契約補給交付金等の交付を行い、契約取引に伴う生産者等が負うリスクを軽減するものです。

  1. 契約特定野菜事業

図解で見る

野菜構造改革促進特別対策事業

pic_cu.jpg

国内の野菜供給力を確保するためには、国際競争に対応しつつ消費者・実儒者に選好される品質・価格の野菜供給ができるよう産地において、生産・流通の両面から構造改革を進める必要があることから、野菜の構造改革対策を策定し取組みを行う者に対し、補助金を交付する事業です。

 ※平成20年度からは、(独)農畜産業振興機構が事業実施主体と、直接事務を進めることとなりました。

果樹経営支援対策事業・果樹未収益期間支援事業

優良品種・優良品目への改植や園地整備などの費用を助成するもので、果樹の支援対象者個人が実施可能な事業です。また、平成23年度から果樹の改植を実施した場合の未収益期間(4か年)に対し、新たな助成対策が実施されることとなりました。

(1)整備事業

  • 優良品目・品種への転換(改植、高接)
  • 小規模園地整備(園内道の整備、傾斜緩和、土壌土層改良)
  • 廃園(植林等)
  • 用水・かん水施設の設置
  • 指定法人特認事業

(2)推進事業

  • 労働力調整システムの構築
  • 担い手支援情報システムの構築
  • 大苗育苗ほの設置
  • 新技術等の導入支援
  • 販路開拓の推進強化

事業の詳細を見る  及び  事業PRパンフ(PDF)

事務フロー(PDF)  及び  関係様式(Word、Excel)

全国果樹技術・経営コンクール

受賞概要(第20回 平成30年度)  

参考・・「補助金等の逆引き辞典」

農林水産省では、農林漁業者等が利用できる事業検索「補助金等の逆引き辞典」を公開しております。(条件に合致する事業が検索できますので参考までご案内いたします。

 補助金等の逆引き辞典(農林水産省) 

事業概要
価格安定対策事業
  1. 県単事業
  2. 特定野菜事業
  3. 指定野菜事業
  4. 加工果実事業
  5. 契約特定野菜事業
野菜構造改革促進特別対策事業
果樹経営支援対策事業
おいしいレシピ

ページトップへ